メンズ脱毛に使用できる機器3選

女性だけでなく男性の脱毛も一般的になりつつありますが、それでも脱毛サロンやクリニックへ行くのは恥ずかしいと感じる男性は少なくありません。サロンやクリニックで施術してくれるスタッフには女性も多いため、男性にとってはそうした環境が恥ずかしさを強めるのかもしれません。

そこでこの記事では、自宅にいながら自分で脱毛することができる脱毛機器を3つ紹介します。

1.フラッシュ式脱毛器

フラッシュ式脱毛器は毛に光を当て、毛根にダメージを与えることで脱毛する仕組みの機器です。脱毛サロンで使われている脱毛器はフラッシュ式のものであることが一般的であるため、自宅にいながら脱毛サロンと同じ仕組みの脱毛器を使用することができます。

ただ、脱毛サロンで使用されるものと比べると、家庭用のフラッシュ式脱毛器は出力が抑えられているため、脱毛効果はやや劣ります。一方で、出力が抑えられているからこそ、専門的な知識を持っていない人でも使用方法を守ることで自宅でも安全に脱毛が可能です。

フラッシュ式脱毛器は光の照射時に多少の痛みがあります。しかし、感じ方には個人差がありますが、ほかの脱毛器と比べると一般的に痛みが弱いと言えます。また、光を照射することができる面積が広いため、一度の照射で効率よく脱毛をすることが可能です。

さらに、機器によって違いはありますが、VIOや髭など、デリケートな部位にも使用可能なものもフラッシュ式脱毛器にはあります。そのため、VIOなど、脱毛サロンで施術してもらうのに抵抗がある男性でも、そういった部位の脱毛が自宅でできれば人目を気にする必要はなくなると言えます。

2.レーザー式脱毛器

フラッシュ式脱毛器が脱毛サロンで使用されることの多い機器であるのに対して、レーザー式脱毛器は脱毛クリニックで行われる医療脱毛に使用されることの多い機器です。レーザー式脱毛器は、毛にレーザーを照射し、毛を育てる役割を持つ毛乳頭にダメージを与えることで脱毛します。

医療脱毛に用いられる機器であるため、一般的にフラッシュ式脱毛器よりも高い脱毛効果を得ることが可能です。

だた、家庭用のレーザー式脱毛器も、家庭用フラッシュ式脱毛器と同様に、誰でも使用が可能であるよう、脱毛クリニックの機器よりも出力が抑えられています。そのため脱毛クリニックで行う脱毛よりは効果は劣りますが、家庭でできる脱毛のなかでは、効果の高い方法です。

レーザー式脱毛器は効果が高い一方で、レーザーの照射時に感じる痛みはフラッシュ式脱毛器と比べると強いことが一般的です。また、一定の範囲に絞ってレーザーを照射するため、フラッシュ式脱毛器よりも照射する回数が多く、脱毛効率はやや劣ります。

それでも脱毛効果が高いため、効果を感じられるようになるまでの期間は短くて済むと言えます。レーザー式脱毛器は脱毛効果が高い分、デリケートな部位への使用ができないものもあるため、VIOや髭などの脱毛を考えている場合は、事前にそうした部位への使用が可能か確認が必要です。

フラッシュ式、レーザー式脱毛器の注意点

フラッシュ式脱毛器もレーザー式脱毛器も、脱毛の際にダメージを与える組織は違いますが、毛のメラニンを通じてダメージを伝えることに違いはありません。

そのため、こうした脱毛器は、毛の黒色に光が反応する仕組みになっています。ただ、光が反応するのは毛の黒色だけではないので使用する際は注意が必要です。

例えば、肌の色が比較的黒い人は光の照射時に痛みを強く感じることがあり、また、日焼けの度合いが強い人はそもそも脱毛器を使用することができない場合もあります。さらに、ほくろやしみ、傷跡など、色素が濃くなっている部分の肌への照射は避けなくてはいけません。

誤ってそういったところに照射してしまうと、火傷や様々な肌トラブルにつながるため、こうした脱毛器を使用する場合は、照射部位を確かめながら慎重に脱毛を行う必要があります。

3.ローラー式脱毛器

ローラー式脱毛器は、光によって脱毛するフラッシュ式やレーザー式の脱毛器とは異なり、脱毛器の先端で回転するパーツで毛を挟み込み、物理的に毛を抜き取る方法の脱毛器です。そのため、比較的痛みの強い脱毛方法だと言えます。

一方で、脱毛を行ったその瞬間からムダ毛がなくなるため、脱毛効果が早く得られる脱毛方法です。また、一度脱毛してしまえば、次に毛が生えてくるまでは何も処理をする必要がありません。さらに、脱毛の際、肌の色やほくろなどを気にする必要もないので手軽だとも言えます。

一方で、フラッシュ式やレーザー式の脱毛器とは違い、ムダ毛を薄くしたり、生えてくるスピードを遅くしたりする効果は比較的低いので注意が必要です。また、物理的に毛を引き抜くため、デリケートな部位への使用は制限されていることが多く、VIOや髭の脱毛には使用できないことが一般的です。

ローラー式脱毛器の注意点

ローラー式脱毛器は、毛を引き抜く際に出血を伴うことがあります。そのため、肌へのダメージは脱毛器のなかでも比較的強いです。また、脱毛で気をつけなくてはいけない肌トラブルに埋没毛が挙げられますが、ローラー式脱毛器による脱毛ではこの埋没毛が起きやすいという特徴もあるので、脱毛後のケアに注意が必要です。

埋没毛は脱毛後に生えてくる毛が、肌の表面に出てこられず、皮下にとどまってしまう肌トラブルを指します。埋没毛にはスクラブによる肌のケアが有効であるため、ローラー式脱毛器を使用する際は、スクラブケアが欠かせません。

脱毛方法にかかわらず肌の保湿が大切

脱毛を行う際は、利用する脱毛器に関係なく肌をきちんと保湿することが重要です。そうすることで、脱毛に伴う肌トラブルを軽減できると言えます。脱毛前、脱毛後はもちろんのこと、日々の肌のケアにより、脱毛に負けない肌のコンディションを整えることが大切です。

こうしたケアをせずに間違った脱毛を続けると、火傷や肌のかさつき、さらには粉がふくといった肌トラブルにもつながるため、適切な肌のケアは大切です。スクラブケアを行う際も、ケア後の保湿は欠かせません。また、脱毛方法にかかわらず、脱毛後は肌をしっかりと冷やすことが、ダメージを受けた肌を落ち着けるのに有効です。


自分に合った脱毛器選びが大切

脱毛サロンや脱毛クリニックに行かなくても、脱毛器を使用することで自分で脱毛することが可能です。その際、脱毛したい部位や、得たい脱毛効果の程度により、自分に合った脱毛器を選択することが、上手な脱毛につながります。

また、自分で脱毛を行うからこそ、肌のケアに気をつかうことが重要です。脱毛器の使用方法を守り、適切な肌のケアを心がけることで、自分で脱毛できる脱毛器は、メンズ脱毛の有効な手段の1つです。

絶対に知っておいて欲しい!メンズ脱毛の効果を高める髭の剃り方とは

投稿日: